【参院選】「古賀ゆきひと」組織外推薦候補、力強く決意を述べる

 

第26回参議院議員選挙の公示日を迎えた6月22日、福岡県選挙区では、「古賀ゆきひと」組織外推薦候補が出発式をおこなった。会場となった博多駅前広場には、労働組合関係者をはじめ多くの支援者が集結した。「古賀ゆきひと」候補は、所属する財政金融委員会において金融政策などについて政府や日銀と対峙してきたことに触れ、「物価高とたたかい、皆様の暮らしを守る」と決意を述べ、さらなる支援を訴えた。

 

【参院選】「古賀ゆきひと」組織外推薦候補、力強く決意を述べる

 

第26回参議院議員選挙の公示日を迎えた6月22日、福岡県選挙区では、「古賀ゆきひと」組織外推薦候補が出発式をおこなった。会場となった博多駅前広場には、労働組合関係者をはじめ多くの支援者が集結した。「古賀ゆきひと」候補は、所属する財政金融委員会において金融政策などについて政府や日銀と対峙してきたことに触れ、「物価高とたたかい、皆様の暮らしを守る」と決意を述べ、さらなる支援を訴えた。

 

マイカー共済と自動車事故発生時の対応を学習、ユニオンスクール

▲長岡講師

6月21日、組合本部で、第3回ユニオンスクールを開催し、中央委員・特別中央委員ほか、約60名が出席。今回は、第3回福祉活動推進セミナーとして、こくみん共済 coop福岡推進本部の長岡亮太氏と、損害共済金部の木野本達朗氏から講演を受けた。

 

まず、長岡氏から、自動車損害補償であるマイカー共済の内容と必要性について説明があり、私鉄総連としての団体割引率が2022年11月以降、12.5%から27.5%に引きあがることが紹介された。次に、木野本氏が、事故から解決までの流れや過失割合について解説し、損害賠償請求や事故をスムーズに解決するには弁護士費用特約が必要であると訴えた。

 

参加者からは、「割引率の変更にあわせて保険を見直そうと思った」「事故の過失割合の話は興味深かった」といった声があがった。

 

▲木野本講師

マイカー共済と自動車事故発生時の対応を学習、ユニオンスクール

マイカー共済と自動車事故発生時の対応を学習、ユニオンスクール

▲長岡講師

6月21日、組合本部で、第3回ユニオンスクールを開催し、中央委員・特別中央委員ほか、約60名が出席。今回は、第3回福祉活動推進セミナーとして、こくみん共済 coop福岡推進本部の長岡亮太氏と、損害共済金部の木野本達朗氏から講演を受けた。

 

まず、長岡氏から、自動車損害補償であるマイカー共済の内容と必要性について説明があり、私鉄総連としての団体割引率が2022年11月以降、12.5%から27.5%に引きあがることが紹介された。次に、木野本氏が、事故から解決までの流れや過失割合について解説し、損害賠償請求や事故をスムーズに解決するには弁護士費用特約が必要であると訴えた。

 

参加者からは、「割引率の変更にあわせて保険を見直そうと思った」「事故の過失割合の話は興味深かった」といった声があがった。

 

▲木野本講師

マイカー共済と自動車事故発生時の対応を学習、ユニオンスクール

総連、2022年度運動方針(案)決定 、第4中

 

私鉄総連は、6月8日、石川県で、第4回中央委員会を開催し、7月13日からの「第89回定期大会」で審議される「2022年度運動方針(案)」を決定した。また、同日、「つじもと清美総決起集会」も開催。「つじもと清美」氏は、日ごろからの支援に謝意を示すとともに、「皆さんと一緒のこの国の政治を変えていきたい」と力強く決意を述べた。

 

※私鉄総連の運動方針(案)は、イントラネットの西鉄労組掲示板でご覧いただけます。

 

総連、2022年度運動方針(案)決定 、第4中

 

私鉄総連は、6月8日、石川県で、第4回中央委員会を開催し、7月13日からの「第89回定期大会」で審議される「2022年度運動方針(案)」を決定した。また、同日、「つじもと清美総決起集会」も開催。「つじもと清美」氏は、日ごろからの支援に謝意を示すとともに、「皆さんと一緒のこの国の政治を変えていきたい」と力強く決意を述べた。

 

※私鉄総連の運動方針(案)は、イントラネットの西鉄労組掲示板でご覧いただけます。

 

西鉄グループの経営状況などを学習、ワーカーズ組合員学習会

 

西鉄グループの労働組合で構成される「にしてつグループワーカーズ協議会」は、6月5日、西鉄イン福岡で、「2022組合員学習会」を開催し、加盟組合から約50名の組合員が出席。西鉄労組からは、古賀執行委員長をはじめ、9名が出席した。

 

学習会では3講座設けられ、選挙制度の仕組みと課題、こくみん共済coopの各種共済制度、西鉄グループの経営状況について、講演がおこなわれた。また、来賓として、組織内議員である「佐々木徹」福岡県議会議員(西鉄旅行出身)と「浜口恒博」北九州市議会議員(西鉄バス北九州労組出身)、そして7月の参議院議員選挙において福岡選挙区で立候補予定の「古賀ゆきひと」参議院議員がお越しになり、日ごろからの支援に謝意を示すとともに、参議院議員選挙での支持を訴えた。

 

【2022学習会】

◆第1講座「私が考え、私が選ぶ」

ー連合福岡 企画・政治局 副事務局長 豊福明子様

◆第2講座「保障設計運動と各種共済制度について」

―こくみん共済coop福岡推進本部 事業推進部福岡支所長 中村俊哉様

 こくみん共済coop福岡推進本部 事業推進部団体推進1係 長岡亮太様

◆第3講座「西鉄グループの経営状況について」

―西鉄経理部 連結IR課長 熊埜御堂功様

 

▲第1講座 豊福明子様

 

▲第2講座 長岡亮太様

 

▲第3講座 熊埜御堂功様

 

▲参議院議員 古賀ゆきひと様

西鉄グループの経営状況などを学習、ワーカーズ組合員学習会

 

西鉄グループの労働組合で構成される「にしてつグループワーカーズ協議会」は、6月5日、西鉄イン福岡で、「2022組合員学習会」を開催し、加盟組合から約50名の組合員が出席。西鉄労組からは、古賀執行委員長をはじめ、9名が出席した。

 

学習会では3講座設けられ、選挙制度の仕組みと課題、こくみん共済coopの各種共済制度、西鉄グループの経営状況について、講演がおこなわれた。また、来賓として、組織内議員である「佐々木徹」福岡県議会議員(西鉄旅行出身)と「浜口恒博」北九州市議会議員(西鉄バス北九州労組出身)、そして7月の参議院議員選挙において福岡選挙区で立候補予定の「古賀ゆきひと」参議院議員がお越しになり、日ごろからの支援に謝意を示すとともに、参議院議員選挙での支持を訴えた。

 

【2022学習会】

◆第1講座「私が考え、私が選ぶ」

ー連合福岡 企画・政治局 副事務局長 豊福明子様

◆第2講座「保障設計運動と各種共済制度について」

―こくみん共済coop福岡推進本部 事業推進部福岡支所長 中村俊哉様

 こくみん共済coop福岡推進本部 事業推進部団体推進1係 長岡亮太様

◆第3講座「西鉄グループの経営状況について」

―西鉄経理部 連結IR課長 熊埜御堂功様

 

▲第1講座 豊福明子様

 

▲第2講座 長岡亮太様

 

▲第3講座 熊埜御堂功様

 

▲参議院議員 古賀ゆきひと様

組合新聞2022年6月1日号

 

◆第8回中央委員会

◆決算労使協議会

◆福岡メーデー

◆福岡地協ステッカー・川柳コンテスト

◆総連「西ブロック労働学校」

◆総労働時間短縮に向けた労使協議

◆第23回私鉄沖縄交流

◆家族会学習会

◆「森屋隆」参議院議員、活動報告ほか

<PDFはコチラです>

組合新聞2022年6月1日号

 

◆第8回中央委員会

◆決算労使協議会

◆福岡メーデー

◆福岡地協ステッカー・川柳コンテスト

◆総連「西ブロック労働学校」

◆総労働時間短縮に向けた労使協議

◆第23回私鉄沖縄交流

◆家族会学習会

◆「森屋隆」参議院議員、活動報告ほか

<PDFはコチラです>

本部選管任命、第8回中央委員会

 

5月26日、組合本部で、第8回中央委員会を開催し、中央委員・特別中央委員ほか約60名が出席し、すべての議案を原案どおり満場一致で決定。総連大会・地連大会の代議員定数確認や、本部選挙管理委員の任命などをおこなった。

※決議内容の詳細は、「かべ新聞第8号」参照(分会掲示板、イントラネットの西鉄労組掲示板に掲載)

本部選管任命、第8回中央委員会

 

5月26日、組合本部で、第8回中央委員会を開催し、中央委員・特別中央委員ほか約60名が出席し、すべての議案を原案どおり満場一致で決定。総連大会・地連大会の代議員定数確認や、本部選挙管理委員の任命などをおこなった。

※決議内容の詳細は、「かべ新聞第8号」参照(分会掲示板、イントラネットの西鉄労組掲示板に掲載)

戦争の悲惨さ、基地問題を学習、第23回私鉄沖縄交流

 

5月12日~16日、2018年以来となる「私鉄沖縄交流」が開催され、全国の青年女性組合員66名が沖縄本島に集結。西鉄労組からは本部青年部長をはじめ3名が参加した。糸数壕、平和記念公園、ひめゆりの塔など、沖縄戦の爪痕を見学し、戦争の悲惨さを学習するとともに、嘉手納基地や普天間基地を実際に眺望するなどして、米軍基地問題についても理解を深めた。

 

戦争の悲惨さ、基地問題を学習、第23回私鉄沖縄交流

 

5月12日~16日、2018年以来となる「私鉄沖縄交流」が開催され、全国の青年女性組合員66名が沖縄本島に集結。西鉄労組からは本部青年部長をはじめ3名が参加した。糸数壕、平和記念公園、ひめゆりの塔など、沖縄戦の爪痕を見学し、戦争の悲惨さを学習するとともに、嘉手納基地や普天間基地を実際に眺望するなどして、米軍基地問題についても理解を深めた。

 

市議会議員の活動と防犯対策を学習、家族会学習会

 

西鉄労組家族会は、5月23日、西鉄労働会館で、3年ぶりとなる学習会を開催し、組合員のご家族、約30名が参加した。前半の政治学習会では、福岡市議会議員(南区選出)の近藤さとみ氏より、議員の仕事や活動内容について講演があった。参加者からは、「国、県、市の議員の役割、活動内容が理解できた」「公共交通の改善のために頑張ってくれていることが分かった」といった声があがった。

 

後半の防犯講座では、福岡市の生活安全専門員である西重弘氏・芳野繁實氏より、福岡の犯罪情勢や、性犯罪・SNS被害から身を守る方法について講演があった。中でも、護身術のレクチャーは、参加者から大変好評だった。

【家族会担当】

<講演>

①政治学習会「市議会議員って何モノだろう?」

②防犯講座「犯罪に気をつけよう」

 

西鉄労組家族会では、コロナ禍でも開催できる行事やイベントを企画していくので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

▲第1講座(近藤さとみ氏)

▲第2講座(西重弘氏・芳野繁實氏)

市議会議員の活動と防犯対策を学習、家族会学習会

 

西鉄労組家族会は、5月23日、西鉄労働会館で、3年ぶりとなる学習会を開催し、組合員のご家族、約30名が参加した。前半の政治学習会では、福岡市議会議員(南区選出)の近藤さとみ氏より、議員の仕事や活動内容について講演があった。参加者からは、「国、県、市の議員の役割、活動内容が理解できた」「公共交通の改善のために頑張ってくれていることが分かった」といった声があがった。

 

後半の防犯講座では、福岡市の生活安全専門員である西重弘氏・芳野繁實氏より、福岡の犯罪情勢や、性犯罪・SNS被害から身を守る方法について講演があった。中でも、護身術のレクチャーは、参加者から大変好評だった。

【家族会担当】

<講演>

①政治学習会「市議会議員って何モノだろう?」

②防犯講座「犯罪に気をつけよう」

 

西鉄労組家族会では、コロナ禍でも開催できる行事やイベントを企画していくので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

▲第1講座(近藤さとみ氏)

▲第2講座(西重弘氏・芳野繁實氏)

連合福岡地協ステッカーコンテストで最優秀賞受賞

連合福岡地域協議会は、第93回福岡メーデーにあわせて、今年も「ステッカー・川柳コンテスト」を開催した。今回は、男女平等、女性活躍、ダイバーシティ、性の多様性に関することなどをテーマに、各構成組織から作品を募集。多くの力作が集まる中、西鉄労組からは、ステッカーコンテストで最優秀賞を受賞するなど、計5名の方が表彰された。受賞作品の一部はステッカーとなって、7月上旬、各構成組織に配布される。

 

作品を応募いただいた組合員の皆様・ご家族の皆様、ご協力ありがとうございました。

【連合福岡地協担当】

 

<ステッカーコンテスト>

★最優秀賞★

 

★優秀賞★

 

 

 

★佳作★

 

<川柳コンテスト>

★優秀賞★

大切にしよう みんなで認める オンリーワン

 

連合福岡地協ステッカーコンテストで最優秀賞受賞

連合福岡地域協議会は、第93回福岡メーデーにあわせて、今年も「ステッカー・川柳コンテスト」を開催した。今回は、男女平等、女性活躍、ダイバーシティ、性の多様性に関することなどをテーマに、各構成組織から作品を募集。多くの力作が集まる中、西鉄労組からは、ステッカーコンテストで最優秀賞を受賞するなど、計5名の方が表彰された。受賞作品の一部はステッカーとなって、7月上旬、各構成組織に配布される。

 

作品を応募いただいた組合員の皆様・ご家族の皆様、ご協力ありがとうございました。

【連合福岡地協担当】

 

<ステッカーコンテスト>

★最優秀賞★

 

★優秀賞★

 

 

 

★佳作★

 

<川柳コンテスト>

★優秀賞★

大切にしよう みんなで認める オンリーワン

 

2022年3月期決算は2期ぶり黒字に、夏期賞与支給月数決定

5月12日、西鉄本社で決算労使協議会をおこない、組合は、2022年3月期決算について、会社から説明を受けた。グループ全体の連結決算では、売上高にあたる営業収益が連結決算導入以来過去最高の4,272億円、経常利益が140億円、純利益が99億円と、2期ぶりの黒字となった。国際物流事業で輸出入取扱高が増加したことや、住宅事業で分譲マンション販売戸数が増加したことなどで、大幅な増収につながった。

 

また、本体の個別業績においても黒字転換を果たし、営業収益が1,769億円、経常利益が42億円、純利益が43億円となった。これを受けて、翌13日、本社で労使協議会を開催し、2022年夏季業績連動賞与支給月数について労使で確認をおこなった。詳細については、分会・出向班にお送りしている「2022年夏期臨給速報」で、ご確認いただきたい。

※「2022年夏期臨給速報」は、イントラネットの西鉄労組掲示板にも掲載

2022年3月期決算は2期ぶり黒字に、夏期賞与支給月数決定

5月12日、西鉄本社で決算労使協議会をおこない、組合は、2022年3月期決算について、会社から説明を受けた。グループ全体の連結決算では、売上高にあたる営業収益が連結決算導入以来過去最高の4,272億円、経常利益が140億円、純利益が99億円と、2期ぶりの黒字となった。国際物流事業で輸出入取扱高が増加したことや、住宅事業で分譲マンション販売戸数が増加したことなどで、大幅な増収につながった。

 

また、本体の個別業績においても黒字転換を果たし、営業収益が1,769億円、経常利益が42億円、純利益が43億円となった。これを受けて、翌13日、本社で労使協議会を開催し、2022年夏季業績連動賞与支給月数について労使で確認をおこなった。詳細については、分会・出向班にお送りしている「2022年夏期臨給速報」で、ご確認いただきたい。

※「2022年夏期臨給速報」は、イントラネットの西鉄労組掲示板にも掲載