西日本鉄道労働組合

MENU

組合新聞

毎日徹底的に消毒!自動車事務分会

自動車事務分会では、各課の輪番を作成し、毎日共有スペースの消毒作業を実施しています。コロナ禍が叫ばれる中でも、組合員自身やその家族の健康を守りつつ、安全に業務に取組む環境づくりを考え、実施している取り組みです。今後、常に三密や消毒などのコロナ対策意識を持つという注意意識は、ワクチンなどの完成が成っても引き続き必要なことだと考えています。そのような中でも、安全な労働環境を維持し、組合員とその家族の健康や経済活動を維持し、守っていくため、今後もそれぞれの工夫や、情報共有が必要だと考えます。

【自動車事務分会 教宣担当】