お酒との付き合い方と、タバコに関する諸課題を学ぶ 第1回ユニオンスクール

10月25日、組合本部にて、「第1回ユニオンスクール」を開催し、中央委員と特別中央委員、約50名が参加。今回は、飲酒運転撲滅と、タバコを取り巻く環境などについて学習した。

―正しい知識を持ち、健康で楽しいお酒を!―
第1講座では、「アルコールが身体と心に与える影響と飲酒運転撲滅について」と題して、精神保健福祉士の稲葉宜行氏が講演した。稲葉氏は、習慣的にお酒を飲みすぎることで、脳萎縮や肝硬変といった身体へのダメージはもちろん、うつ病や睡眠障害、アルコール依存症など、心へ悪影響を及ぼす恐れがあることを紹介。友人と楽しくお酒を飲むのはかまわないが、不安や寂しさを紛らわすために飲むお酒は習慣化しやすく、飲酒を自分でコントロールできなくなる危険性があるため、飲む量ではなく、お酒の飲み方に気をつける重要性を訴えた。また、睡眠時はアルコールの分解速度が半分程度に低下するため、眠ったから大丈夫と勘違いして早朝の時間帯に飲酒運転事故を引き起こすケースが多いことを説明し、注意を促した。参加者からは、「お酒との付き合い方を見直す良い機会となった」といった声があがった。

―喫煙環境改善の、低温加熱式タバコ―
続く第2講座では、JT福岡第二支店の大隈主任が、「タバコを取り巻く環境とJTの取り組みについて」というテーマで講演。大隈氏は、JTが手掛けた、西鉄の新社屋の分煙コンサル事例や、4月から屋内が原則禁煙となる法改正の内容について説明。また、最近話題となっている加熱式タバコについても触れ、臭いや健康嫌煙物質が紙巻タバコより低減しているといった特徴を説明し、職場や家庭の喫煙環境改善に向けた対策の一つとなると訴えた。参加者からは、「非喫煙者に対する配慮がますます必要となってくる中、加熱式タバコは一つの解決策であることがわかった」といった声があがった。

2019年度教宣活動確認、講義ではカメラのスキルアップ

教育宣伝部は、12月9日、組合本部で、「2019年度教宣部長会議」を開催し、20春闘作品展など、2019年度の教宣活動を全体で確認。また、その後の講義では、春闘駅伝大会や定期大会で撮影をお願いしている写真家の「くさかべのぼる」氏を招き、スマートフォンで被写体を綺麗に撮影するポイントなどについてレクチャーを受けた。くさかべ氏によると、「写真の上端にあるものは大きく写りやすいので、顔と写真の上端の間にスペースを設けて撮影し、その後トリミングでスペースを削除してあげると小顔で足も長く写りやすい」とのこと。


2019年度教宣活動確認、講義ではカメラのスキルアップ

ろうきん推進活動展開中!(筑紫工場分会)

10月8日(火)、筑紫工場分会では、「ろうきんアプリ」がリリースされるにあたり、ダイレクトバンキングの説明会をおこないました。アプリを利用することで、各種サービスが手軽に受けられ、窓口での取り扱いよりもおトクになるため、インターネット関係が得意な若手を中心に説明会を実施しました。これからを担う若手から仲間へ広く周知してもらうことで、これからの生活や職場環境を良くすることができると思うので、これからもろうきんの活用を職場で推奨していきます。
【筑紫工場分会 教宣部長 藤野寛士】

「従業員食堂廃止」について合同分会委員会で議論

10月16日(水)、組合本部にて、「従業員食堂の廃止」に関する合同分会委員会を開催し、分会役員約150名が出席。執行部は、会社提案内容および意見集約結果を説明し、質疑応答を経た後、組合条件(素案)の説明をおこなった。出席者からは、食堂の必要性を訴える声や、考えられる代替の具体的内容、食堂に対する執行部の考え方など、多くの質問や要望があった。