本部選管任命、第8回中央委員会

 

5月26日、組合本部で、第8回中央委員会を開催し、中央委員・特別中央委員ほか約60名が出席し、すべての議案を原案どおり満場一致で決定。総連大会・地連大会の代議員定数確認や、本部選挙管理委員の任命などをおこなった。

※決議内容の詳細は、「かべ新聞第8号」参照(分会掲示板、イントラネットの西鉄労組掲示板に掲載)

本部選管任命、第8回中央委員会

 

5月26日、組合本部で、第8回中央委員会を開催し、中央委員・特別中央委員ほか約60名が出席し、すべての議案を原案どおり満場一致で決定。総連大会・地連大会の代議員定数確認や、本部選挙管理委員の任命などをおこなった。

※決議内容の詳細は、「かべ新聞第8号」参照(分会掲示板、イントラネットの西鉄労組掲示板に掲載)

戦争の悲惨さ、基地問題を学習、第23回私鉄沖縄交流

 

5月12日~16日、2018年以来となる「私鉄沖縄交流」が開催され、全国の青年女性組合員66名が沖縄本島に集結。西鉄労組からは本部青年部長をはじめ3名が参加した。糸数壕、平和記念公園、ひめゆりの塔など、沖縄戦の爪痕を見学し、戦争の悲惨さを学習するとともに、嘉手納基地や普天間基地を実際に眺望するなどして、米軍基地問題についても理解を深めた。

 

戦争の悲惨さ、基地問題を学習、第23回私鉄沖縄交流

 

5月12日~16日、2018年以来となる「私鉄沖縄交流」が開催され、全国の青年女性組合員66名が沖縄本島に集結。西鉄労組からは本部青年部長をはじめ3名が参加した。糸数壕、平和記念公園、ひめゆりの塔など、沖縄戦の爪痕を見学し、戦争の悲惨さを学習するとともに、嘉手納基地や普天間基地を実際に眺望するなどして、米軍基地問題についても理解を深めた。

 

市議会議員の活動と防犯対策を学習、家族会学習会

 

西鉄労組家族会は、5月23日、西鉄労働会館で、3年ぶりとなる学習会を開催し、組合員のご家族、約30名が参加した。前半の政治学習会では、福岡市議会議員(南区選出)の近藤さとみ氏より、議員の仕事や活動内容について講演があった。参加者からは、「国、県、市の議員の役割、活動内容が理解できた」「公共交通の改善のために頑張ってくれていることが分かった」といった声があがった。

 

後半の防犯講座では、福岡市の生活安全専門員である西重弘氏・芳野繁實氏より、福岡の犯罪情勢や、性犯罪・SNS被害から身を守る方法について講演があった。中でも、護身術のレクチャーは、参加者から大変好評だった。

【家族会担当】

<講演>

①政治学習会「市議会議員って何モノだろう?」

②防犯講座「犯罪に気をつけよう」

 

西鉄労組家族会では、コロナ禍でも開催できる行事やイベントを企画していくので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

▲第1講座(近藤さとみ氏)

▲第2講座(西重弘氏・芳野繁實氏)

市議会議員の活動と防犯対策を学習、家族会学習会

 

西鉄労組家族会は、5月23日、西鉄労働会館で、3年ぶりとなる学習会を開催し、組合員のご家族、約30名が参加した。前半の政治学習会では、福岡市議会議員(南区選出)の近藤さとみ氏より、議員の仕事や活動内容について講演があった。参加者からは、「国、県、市の議員の役割、活動内容が理解できた」「公共交通の改善のために頑張ってくれていることが分かった」といった声があがった。

 

後半の防犯講座では、福岡市の生活安全専門員である西重弘氏・芳野繁實氏より、福岡の犯罪情勢や、性犯罪・SNS被害から身を守る方法について講演があった。中でも、護身術のレクチャーは、参加者から大変好評だった。

【家族会担当】

<講演>

①政治学習会「市議会議員って何モノだろう?」

②防犯講座「犯罪に気をつけよう」

 

西鉄労組家族会では、コロナ禍でも開催できる行事やイベントを企画していくので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

▲第1講座(近藤さとみ氏)

▲第2講座(西重弘氏・芳野繁實氏)

連合福岡地協ステッカーコンテストで最優秀賞受賞

連合福岡地域協議会は、第93回福岡メーデーにあわせて、今年も「ステッカー・川柳コンテスト」を開催した。今回は、男女平等、女性活躍、ダイバーシティ、性の多様性に関することなどをテーマに、各構成組織から作品を募集。多くの力作が集まる中、西鉄労組からは、ステッカーコンテストで最優秀賞を受賞するなど、計5名の方が表彰された。受賞作品の一部はステッカーとなって、7月上旬、各構成組織に配布される。

 

作品を応募いただいた組合員の皆様・ご家族の皆様、ご協力ありがとうございました。

【連合福岡地協担当】

 

<ステッカーコンテスト>

★最優秀賞★

 

★優秀賞★

 

 

 

★佳作★

 

<川柳コンテスト>

★優秀賞★

大切にしよう みんなで認める オンリーワン

 

連合福岡地協ステッカーコンテストで最優秀賞受賞

連合福岡地域協議会は、第93回福岡メーデーにあわせて、今年も「ステッカー・川柳コンテスト」を開催した。今回は、男女平等、女性活躍、ダイバーシティ、性の多様性に関することなどをテーマに、各構成組織から作品を募集。多くの力作が集まる中、西鉄労組からは、ステッカーコンテストで最優秀賞を受賞するなど、計5名の方が表彰された。受賞作品の一部はステッカーとなって、7月上旬、各構成組織に配布される。

 

作品を応募いただいた組合員の皆様・ご家族の皆様、ご協力ありがとうございました。

【連合福岡地協担当】

 

<ステッカーコンテスト>

★最優秀賞★

 

★優秀賞★

 

 

 

★佳作★

 

<川柳コンテスト>

★優秀賞★

大切にしよう みんなで認める オンリーワン

 

2022年3月期決算は2期ぶり黒字に、夏期賞与支給月数決定

5月12日、西鉄本社で決算労使協議会をおこない、組合は、2022年3月期決算について、会社から説明を受けた。グループ全体の連結決算では、売上高にあたる営業収益が連結決算導入以来過去最高の4,272億円、経常利益が140億円、純利益が99億円と、2期ぶりの黒字となった。国際物流事業で輸出入取扱高が増加したことや、住宅事業で分譲マンション販売戸数が増加したことなどで、大幅な増収につながった。

 

また、本体の個別業績においても黒字転換を果たし、営業収益が1,769億円、経常利益が42億円、純利益が43億円となった。これを受けて、翌13日、本社で労使協議会を開催し、2022年夏季業績連動賞与支給月数について労使で確認をおこなった。詳細については、分会・出向班にお送りしている「2022年夏期臨給速報」で、ご確認いただきたい。

※「2022年夏期臨給速報」は、イントラネットの西鉄労組掲示板にも掲載

2022年3月期決算は2期ぶり黒字に、夏期賞与支給月数決定

5月12日、西鉄本社で決算労使協議会をおこない、組合は、2022年3月期決算について、会社から説明を受けた。グループ全体の連結決算では、売上高にあたる営業収益が連結決算導入以来過去最高の4,272億円、経常利益が140億円、純利益が99億円と、2期ぶりの黒字となった。国際物流事業で輸出入取扱高が増加したことや、住宅事業で分譲マンション販売戸数が増加したことなどで、大幅な増収につながった。

 

また、本体の個別業績においても黒字転換を果たし、営業収益が1,769億円、経常利益が42億円、純利益が43億円となった。これを受けて、翌13日、本社で労使協議会を開催し、2022年夏季業績連動賞与支給月数について労使で確認をおこなった。詳細については、分会・出向班にお送りしている「2022年夏期臨給速報」で、ご確認いただきたい。

※「2022年夏期臨給速報」は、イントラネットの西鉄労組掲示板にも掲載

組合新聞2022年5月1日号

  • ・2022年度賃金配分決定、第7中
  • ・「辻元清美」氏激励集会
  • ・2022政策セミナー
  • ・コロナで自宅療養、共済請求は大丈夫?
  • ・分会トピックス(本社事業・国物東京・国物東日本)
  • ・「森屋隆」参議院議員活動報告
  • <pdfはコチラです>
組合新聞2022年5月1日号

組合新聞2022年5月1日号

  • ・2022年度賃金配分決定、第7中
  • ・「辻元清美」氏激励集会
  • ・2022政策セミナー
  • ・コロナで自宅療養、共済請求は大丈夫?
  • ・分会トピックス(本社事業・国物東京・国物東日本)
  • ・「森屋隆」参議院議員活動報告
  • <pdfはコチラです>

組合新聞2022年4月1日号

  • ・22春闘妥結収拾、第6中
  • ・「森屋隆」参議院議員、政府答弁引き出す
  • ・福岡県選挙区「古賀ゆきひと」氏を推薦決定
  • ・準組織内予定候補「辻元清美」氏メッセージ
  • ・家族会学習会、参加者募集
  • ・分会トピックス(愛宕浜・竹下・百道浜)
  • <pdfはコチラです>
組合新聞2022年4月1日号

組合新聞2022年4月1日号

  • ・22春闘妥結収拾、第6中
  • ・「森屋隆」参議院議員、政府答弁引き出す
  • ・福岡県選挙区「古賀ゆきひと」氏を推薦決定
  • ・準組織内予定候補「辻元清美」氏メッセージ
  • ・家族会学習会、参加者募集
  • ・分会トピックス(愛宕浜・竹下・百道浜)
  • <pdfはコチラです>

雨の中、メーデーに多数の組合員が集結(福岡地区)

 

連合福岡は、4月29日、県内各地で「第93回メーデー」を開催した。このうち、舞鶴公園鴻臚館広場(福岡市)でおこなわれた福岡地区メーデーでは、あいにくの雨模様の中、加盟組合から2,000人を超える組合員とその家族が結集した。西鉄労組からも、自動車部門と本社の分会を中心に、多くの組合員と家族が参加した。また、会場には、働く人への感謝のメッセージなどがラッピングされたバス「働く人への感謝号」が展示され、注目を集めていた。

 

 

 

 

 

雨の中、メーデーに多数の組合員が集結(福岡地区)

雨の中、メーデーに多数の組合員が集結(福岡地区)

 

連合福岡は、4月29日、県内各地で「第93回メーデー」を開催した。このうち、舞鶴公園鴻臚館広場(福岡市)でおこなわれた福岡地区メーデーでは、あいにくの雨模様の中、加盟組合から2,000人を超える組合員とその家族が結集した。西鉄労組からも、自動車部門と本社の分会を中心に、多くの組合員と家族が参加した。また、会場には、働く人への感謝のメッセージなどがラッピングされたバス「働く人への感謝号」が展示され、注目を集めていた。

 

 

 

 

 

雨の中、メーデーに多数の組合員が集結(福岡地区)