若手組合員学習会を初開催、兼業部門青女協

兼業部門青年女性協議会は、1月28日、西鉄本社で、入社3年目までの本社若手組合員を対象にした学習会を初開催し、本社の兼業部門3分会から、約30名が参加した。
冒頭、井上青年部長が「青女協は組合活動の入口。私鉄で働く仲間と楽しく学習・交流をしていきたい」と挨拶。その後、北島兼業対策部長が、労働組合の必要性や、西鉄労組の活動内容・共済制度などについて、基本からわかりやすく説明した。参加者からは、「共済制度を活用しようと思った」「組合活動に興味を持った」といった声があがった。

政策・制度要求(素案)を議論、合同政策委員会

政策部は、1月15日、組合本部で、「第1回合同政策委員会」を開催し、各部門の政策委員が参加。基調講演で、福岡県の交通政策について知識を深めるとともに、「2020年西鉄労組政策・制度要求(素案)」について議論した。
 午前の基調講演では、福岡県企画・地域振興部交通政策課の片山課長を講師に招き、「福岡県交通ビジョン2017」について、「地方創生のためのまちづくりと連携した交通網の整備」などの施策目標と、2018年度の実施状況などについて説明を受けた。また、県の公共交通利用促進の取り組みとして、「ふくおかのりもの図鑑」の製作や、西鉄福岡駅でのPR活動などについて紹介があった。
 午後からは、各部門で練り上げた30項目にもおよぶ「2020年政策・制度要求(素案)」について、全体で議論を重ね、次回の政策局会議で、改めて要求(案)をまとめあげることとなった。

トレーニングルーム設立

百道浜分会では、2019年11月、健康改善・ストレス解消を目的として、トレーニングルームを設立しました。誰でも使用可能としていますので、百道浜営業所で時間がある場合は、どうぞご利用ください。今後、機材の拡張や、設備の充実を計画しています。安全第一に考えていますので、ご利用の際はご注意ください。
教宣部長 小田廣太

「竹下営業所(仮称)」予定地を視察

雑餉隈分会は、1月10日、定例の分会委員会を開催し、第3回中央委員会報告、20春闘についての取り組みや今後の動きなどについて確認しました。現在、3月に迫った「竹下営業所(仮称)」への移転に向けた準備作業を続けています。今回は、委員会終了後、役員全員で建設中の竹下営業所(仮称)予定地へ向かい、工事の進捗状況などを確認しました。今後も関係各所と協議を継続しながら、スムーズな移転となるよう尽力して参ります。

教宣部長 河内 忍

「竹下営業所(仮称)」予定地を視察