冬期賞与・21春闘に関する不安の声相次ぐ、運動方針(案)職場オルグ

組合本部は、7月27日から8月17日にかけて、2020年度運動方針(案)・予算(案)に関する職場オルグを実施した。今回は、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、参加者数を制限して複数回開催するなど、これまでとは異なる形式でのオルグとなった。組合員からは、第1四半期のグループ業績が赤字となったことで、冬期賞与や21春闘への影響を不安視する声が相次いだほか、コロナウイルス感染拡大防止策や定年延長に関する協議の動向などについて、質問や意見が出された。

▲兼業部門 東京オルグ

冬期賞与・21春闘に関する不安の声相次ぐ、運動方針(案)職場オルグ