「令和2年7月豪雨災害」義援金カンパ、福岡県に贈呈

西鉄労組では、「令和2年7月豪雨」で被害にあわれた方々を支援するため、任意による義援金カンパの取り組みを実施したところ、組合員の皆様から985,662円もの温かいお気持ちが寄せられました。皆様のご支援とご協力に対して、心より感謝申し上げます。

皆様からお預かりした義援金は、9月10日、準組織内議員の「佐々木とおる」県議とともに、福岡県の小川知事に対して、「令和2年7月豪雨災害義援金」として贈呈しました。今後、福岡県の義援金品配分委員会において、被害状況を勘案のうえ配分先を決定し、県内の被災市町村や、熊本県をはじめとする他の被災県の支援に役立てられます。

※義援金贈呈については福岡県ホームページでも紹介されています

 

 

「令和2年7月豪雨災害」義援金カンパ、福岡県に贈呈