組合新聞 2018年12月1日号

「もりやたかし」九州キャラバン

  • ・第2回中央委員会
  • ・国物の分会で「会社提案内容説明オルグ」開催
  • ・私鉄総連「第42回中央労働学校」
  • ・第1回ユニオンスクール
  • ・観光列車導入に向けて「おれんじ食堂」視察
  • ・西鉄労組家族会議「第59回定期大会」
  • ・私鉄漫画集団「第65回全国総連」
  • ・分会トピックス
  • <pdfはコチラです>
組合新聞 2018年12月1日号

若き力を結集し、運動前進! 地連青女協定期総会

11月30日(金)・12月1日(土)、大分県日田市にて、九州地連青年女性協議会「第41回定期総会」が開催され、九州の18単組から70名が集結。西鉄労組からは、14名参加した。初日は、「もりやたかし」組織内候補にご挨拶をいただいた後、2018年度活動方針(案)の審議がおこなわれ、分散会へ。「組織内議員の必要性」をテーマに、各班で議論を重ねた。最終日は、「若き力を結集し 届けよう 青女の想い」をメインスローガンとする「2018年度活動方針」を審議決定した後、新役員体制を決定。最後に、板山議長による「団結がんばろう」で閉会となった。

<2018・2019年度役員体制> ※敬称略
議  長 板山修治(九州地連) 
副 議 長 森山珠美(西鉄労組)
事務局長 井上翔太(西鉄労組)
<参加者> ※敬称略  
森山・讃井(新宮)、吉良・寺岡(香椎浜)、黒木(愛宕浜)、河内(雑餉隈)、神宮・東野(筑乗)、井上(柳乗)、吉富(貝塚)、後藤(筑工)、川口(線路)、古賀・吉武(本社事務)
【青年女性協議会副議長 森山珠美】

「労連化に向けた準備委員会」設立、連合体形成に向けて議論 グループワーカーズ協議会総会

西鉄グループの19の労働組合で構成される「にしてつグループワーカーズ協議会」は、12月2日(日)・3日(月)、宗像市にて「第30回定期総会」を開催し、約60名が出席した。総会では、「2019年度活動方針(案)」や「2019年度役員選出(案)」など、すべての議案が満場一致で決定され、2019年度の活動をスタートさせた。なお、これまで連合体の必要性や方向性について、検討委員会で議論を重ねてきたが、今総会で「労連化に向けた準備委員会」の設立が決定され、連合体結成に向けて議論を進めていくこととなった。
<2019年度役員体制>
議  長 古賀孝治(西鉄労組)
副 議 長 筬島健嗣(グループバス労組)
副 議 長 宮原征也(筑鉄労組)
副 議 長 島寛史(久留米西タク労組)
事務局長 牧野英人(西鉄労組)