18春闘方針(案)職場オルグ始まる

1月26日(金)より、「西鉄労組18春闘方針(案)」に関する職場オルグが始まりました。18春闘は、本方針(案)に則り、たたかいが進められます。組合員の皆さんと執行部が一体となって、18春闘をたたかい抜くためにも、職場オルグにおいて、組合員の皆さんのご意見を忌憚なくお伝えいただきますようお願い致します。

西鉄労組2018年新春のつどい、開催

1月25日(木)、西鉄グランドホテルにて、「西鉄労組2018年新春の集い」を開催し、来賓、組合役員など、約200名が参加した。冒頭、古賀執行委員長は、「昨年の九州北部豪雨ボランティア派遣では、多くの組合員に参加していただき、とても頼もしく感じた。本年は、2019年の統一地方選および参議院議員選挙に向けて、万全の態勢を構築する年としたい」と述べ、18春闘については、「職場オルグが26日から始まり、本格的に18春闘がスタートする。組合員一人ひとりが春闘に参画し、一致団結してたたかえるよう、職場からの闘争態勢構築をお願いしたい」と力強く挨拶。その後、来賓を代表して、九州地連・窪田執行委員長と、本社・戸田執行役員からご挨拶をいただき、最後に、年間議長を代表して、鞭馬分会長(那珂川)が挨拶を述べ、全体で2018年の西鉄労組発展を誓い合った。

【ユニオンスクール】「働き方改革」について考える

1月25日(木)、西鉄労働会館にて、「第2回ユニオンスクール」を開催し、中央委員・特別中央委員が参加した。今回は、「働き方改革について」と題し、福岡県労働政策課労働福祉係長・篠田久美氏より、働き方改革実現会議での議論の内容などについて講演を受けた。篠田氏は、時間外労働や有給休暇取得率の実態などについて説明した後、「働き方改革を通じて、働き手を増やすとともに、ワーク・ライフ・バランスの実現によって出生率を向上させ、社会保障制度の維持につなげていくことが重要」と述べ、福岡県内の企業でおこなわれている事例を紹介した。また、労働組合に対しては、「労働組合としても働き方改革に主体的に関わっていくことが必要」と述べた。参加者からは、「非常に興味があるテーマ。もっと詳しく知りたい」といった声があがった。

【自動車事務分会】分会だより

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自動車事務分会では、11月、17秋闘の団結強化を図るため、海の中道海浜公園で、バーベキュー大会を開催しました。前日より、分会委員が食材やドリンクなどを調達し、当日は晴天にも恵まれ、30人を超える組合員が食事をしながら交流を深めることができました。普段の仕事上では接点のないメンバー同士の交流も生まれ、今後の18春闘に向けての機運を高めるよい機会ともなりました。今後とも、多くの組合員に参加していただける活動を企画・実行してまいります。
【自動車事務分会 教宣部長 甲斐雅人】

賃金専門委員会、開催

賃金対策部は、1月15日(月)、西鉄労働会館にて、賃金専門委員会を開催し、各部門の賃金専門委員が参加。18春闘での賃金配分要求(案)について、議論を重ねた。

【分会トピックス】桧原分会「もちつき大会」開催

桧原分会では、昨年12月18日(日)、営業所内の整備工場で「もちつき大会」を開催しました。家族会の方々には、前日より豚汁やおしるこを鍋4つ分も準備していただき、当日は組合員の方に薪割りを教えてもらいながら、火をくべるところから始めました。紅白もち約1,000食と、鏡もちをつくり、待機中の組合員の皆さんも多数参加していただき、大いに盛り上がりました。
【桧原分会 教宣部長 阿部】

「とちぎ義博」福岡市議、新年の決意を述べる

1月8日(月)、西新パレスにて、組織内議員「とちぎ義博」福岡市議による「新春の集い」が開催され、福岡市西区・早良区の自動車分会を中心に、多くの組合員が参加した。
とちぎ市議は、下水道整備などの雨水災害対策や、ツアーバスによる渋滞の緩和対策などの取り組みについて報告するとともに、「今年も、議員活動の姿勢を明確にして、喫緊の課題に取り組んでいく」と、力強く新年の決意を述べた。

組合新聞 2018年1月1日号

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

  • ・謹んで新年のご祝辞を申し上げます。
  • ・九州地連青年女性協議会
  • ・佐田前委員長に聞く!!(後編)
  • ・にしてつワーカーズ協議会「第29回定期総会」
  • <pdfはコチラです>
1667のサムネイル

2017年度教宣部長会議、開催

12月26日(火)、西鉄労働会館にて、2017年度教育宣伝部長会議を開催し、各分会の教育宣伝部長が参加。18春闘関連の取り組みや、組合新聞の活性化などについて議論し、その後、東急労組に送る18春闘交流ステッカーの作成をおこなった。
冒頭、緒方組織局長(副執行委員長)は、「教宣活動は、組合運動を推進していくために不可欠な取り組みで、教宣部長は大変重要な役職。高い意識をもって、今後の活動にあたっていただきたい」などと挨拶。その後、春闘作品展や駅伝大会などの18春闘関連の取り組みについて議論を重ね、組合新聞の活性化については、毎月、部門持ち回りで、分会からの発信記事を掲載することを決定した。

新宮分会、家族で餅つきを楽しむ

新宮分会では、12月16日(土)、新宮営業所にて、安全祈願餅つき大会を開催。家族会で、おでんや豚汁などを準備し、大人も子どもも、粉で真っ白になりながら餅つきを楽しみました。
【新宮分会 教育宣伝部】