私鉄漫画集団が福岡に結集、第55回総会開催

第55回総会

私鉄で働く仲間の声をペンで表現し、労働運動の活性化に貢献している「私鉄漫画集団」。その全国総会が、10月22日(日)・23日(月)、西鉄労働会館で開催され、西鉄労組漫画サークル部員5名が参加した。
総会の記念講演では、長崎大学客員教授で漫画家の西岡由香氏が、「ペンに記憶と願いをのせて」というタイトルで講演。平和をテーマにしたマンガを多数描いてきた西岡氏が、マンガの持つ力について熱く語った。
また、総会作品展では、ポスターの部で、西鉄労組漫画サークルの合作が最優秀賞を獲得したほか、部員のマンガ作品が「坂井よしはる賞」を受賞した。
*********************************
西鉄労組漫画サークルでは、常時部員を募集しています。
11月に部会を開催する予定なので、興味のある方は、教育宣伝部(担当:川瀬)まで、ご連絡ください!

西鉄労組漫画サークル

最優秀賞

最優秀賞

タイトル:九州のみんなが復興の支え手

坂井よしはる賞

坂井よしはる賞

タイトル:もりやたかしです!!

第55回総会

九州北部豪雨災害支援ボランティア活動報告(合同第6期)

第6期10月20日集合写真

10月20日(金)、九州北部豪雨災害支援として、第6期労使合同ボランティア派遣をおこない、全体で31名が参加。台風接近で悪天候が懸念される中、甚大な被害が出た朝倉市杷木で、床下の泥出しなどのボランティア活動をおこなった。
*************************************
今回のボランティア活動にご協力いただいた皆さん、大変お疲れ様でした。引き続き、皆さんのご協力をよろしくお願いします。

九州北部豪雨災害支援ボランティア活動報告(合同第6期)

組合新聞2017年10月1日号

「ヤングカーニバルin沖縄2017」参加報告

  • ・「ヤングカーニバルin沖縄2017」に参加して
  • ・「とちぎ義博」福岡市議、「浜風の集い」を開催
  • ・「中国クブチ沙漠植林ボランティア」に参加して
  • ・九州北部豪雨災害支援ボランティア
  • ・壱岐分会、惜しくも準優勝
  • ・「家族会学習会」開催
  • ・「青年女性部団結ボーリング大会」開催
  • <pdfはコチラです>
1663のサムネイル

九州北部豪雨災害支援ボランティア活動報告(合同第5期)

第5期10月13日集合写真

10月13日(金)、九州北部豪雨災害支援として、第5期労使合同ボランティア派遣をおこない、全体で32名が参加。甚大な被害が出た朝倉市杷木で、床下の泥出しや、家財の洗浄などのボランティア活動をおこなった。
今回も、ボランティアセンターから西に約5キロ離れた志波地区での作業となり、偶然にも第4期と同じお宅での作業となった。最後に残った一部屋の床板をはがして泥出しをおこなうとともに、食器やサッシなど家財の洗浄をおこなった。小雨が降りしきる中での作業となったが、全員で協力して作業にあたり、午後3時前には、指定された作業をほぼ終えることができた。
************************************
今回のボランティア活動にご協力いただいた皆さん、大変お疲れ様でした。引き続き、皆さんのご協力をよろしくお願いします。

第5期10月13日集合写真

もりやたかし氏、力強く決意を述べる、第152回定期大会

「もりやたかし」氏決意表明

9月29日(金)、西鉄グランドホテルで、第152回定期大会を開催し、約200名が出席。2017年度運動方針を決定し、新年度の運動をスタートさせた。
大会には、再来年の第25回参議院議員選挙で、私鉄総連組織内候補としての擁立が決定している「もりやたかし」氏も駆けつけ、出席者一人ひとりと固く握手を交わし、支援を訴えるとともに、力強く決意表明をおこなった。出席者の一人は、「実際に話を聞いて、私たちの生活や職場を守るためには、絶対に国政に送り込まなければならないと強く思った」と述べた。

出席者に挨拶する「もりやたかし」氏①

決意表明する「もりやたかし」氏②

もりやたかし氏決意表明

九州北部豪雨災害支援ボランティア活動報告(合同第4期)

九州北部豪雨災害支援ボランティア

9月27日(水)、九州北部豪雨災害支援として、第4期労使合同ボランティア派遣をおこない、全体で42名が参加。甚大な被害が出た朝倉市杷木で、床下の泥出しや、家財の移動などのボランティア活動をおこなった。
今回は、ボランティアセンターから、西に約5キロも離れた志波地区のお宅での作業となった。部屋によっては、ほぼ手付かずの状態だったため、家財を移動し、床板をはがすところから始める大変な作業となったが、全員で協力して作業にあたり、午後3時過ぎには、指定された作業をほぼ終えることができた。
*************************************
今回のボランティア活動にご協力いただいた皆さん、大変お疲れ様でした。引き続き、皆さんのご協力をよろしくお願いします。

九州北部豪雨災害支援ボランティア